病気がお得?

「人は、自分が嫌なことはしない」

と、聞いたことがある。


私の知り合いに、

毎年のように入院してた人がいた。

その人は、

病気を、

まるで自慢話のように語る。

心配してかけつけた人たちに。


その人は、

日頃は、

家族と疎遠だったらしい。

でも、

入院すると、

もちろん、

みんな心配して駆けつける。

いつもは独りなのに、

その時ばかりは、

みんなに構ってもらえた。

みんなが自分に関心をもってくれる、

そのうれしい経験が、

心に刻まれた?

その人にとって、

病気や怪我での入院は、

「お得」なこと。

唯一、

主役になれる機会。


その後、

ある時から、

その人が病気入院しても、

周りが構わなくなった。

すると、

その人は病気や怪我で入院することがなくなった。


もう、

病気や怪我は、

「お得」じゃなくなったんだね。